葉酸は、胎児の正常な発達にはたらき

葉酸は、胎児の正常な発達にはたらきかけるため、妊娠初期の妊婦さんに対して、積極的に摂取するように厚生労働省が推奨している栄養素であるとご存知ですか?ですが、体調が悪い時には、食事での摂取が辛い時もありますよね。
そんな時には体調を第一に考えて、無理に食べない方が良いです。
葉酸は葉酸サプリ等を利用すれば適切な量の葉酸を補給することが出来ます。
葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。
一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが重要であると厚生労働省が発表しています。
ところで、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が要らないのかと言うと、それは違います。葉酸のはたらきである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)を低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠3ヶ月までの期間が注意が必要な期間ですので、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。
一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。体温の低い状態がつづくと血液の流れが阻害され、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、生殖機能が落ちるといった報告があります。
こういった症状の改善の為には昔からお灸が使われてきました。
お灸は緊張をほぐして血行を良くして自然な代謝を促進し、ストレスを和らげる効果もあります。
ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。
極GOLD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です